もっとすっきり生酵素の危険性と副作用は?妊娠中や授乳中でも飲めるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日飲み続けていくうちに、どんどん身体を痩せやすい体質に改善してくれる酵素サプリ「もっとすっきり生酵素」が今ネットやSNSなどで大きな話題となっています。

 

しかし、ダイエットに大きな効果が期待出来るのなら、その身体への負担も心配になるところです。

 

そこで今回は、もっとすっきり生酵素に危険性や副作用は無いのかを調査してみました。

もっとスッキリ生

もっとすっきり生酵素の危険性

ここでは、もっとすっきり生酵素を飲む事で考えられる危険性について記述していこうと思います。

成分による副作用

いきなり結論から言ってしまえば、もっとすっきり生酵素に配合されている成分には副作用の危険性はありません。

 

同品に含まれているのは、野菜や果物を原料とした酵素類や、ヨーグルトなどにも含まれている乳酸菌、さらにはキヌアやチアシードといった一般的な食べ物ばかりです。

 

つまり、私達の身体に副作用を与えるような、薬効成分などは配合されていないため、副作用なども起こらないのです。

アレルギーによる悪影響

少し残念ではありますが、食物由来の成分で作られたサプリである以上、食物アレルギーの方に使用出来ない可能性はあります。

 

酵素には小麦や大豆といったポピュラーなアレルギー食品も含まれているため、食物アレルギーをお持ちの方は成分表示に十分な注意が必要です。

お腹が緩くなる可能性がある?

もっとすっきり生酵素にも含まれている酵素や乳酸菌には、過剰に飲み過ぎたり体質的な問題により、一時的にお腹が緩くなる可能性があります。

 

この辺りは身体に合っていないのか、もしくは一時的な身体の反応(好転反応)なのがが見分け辛いため、症状が重かったり長く続く場合には、一度お医者さんの診察を受けてみる事をオススメします。

もっとすっきり生酵素の副作用

基本的に、もっとすっきり生酵素を飲んで副作用を起こす事は無いため、口コミなどでも副作用の報告はありません。

 

ただし、見方によっては副作用と勘違いされてしまうような報告もあるため、それについて詳しく解説していこうと思います。

お腹が痛くなる・下痢になる

これは口コミにある意見はほとんどが「好転反応」の範疇と思われ、副作用である可能性は極めて低いと考えられます。

 

好転反応とは内臓機能(この場合は腸)が改善されていく過程で、体質の変化に身体がついてこれなかった時に起こる症状です。

 

基本的には使用を続いていくうちに症状は収まってきますので、特に心配する必要はありません。

熱が出て気分が悪くなる

口コミを見る限りではほとんどおられませんが、もっとすっきり生酵素を飲んで気分が悪くなる方もいらっしゃいます。

 

しかし、これも好転反応の一つである可能性が高いため、症状が長く続かない限りは問題は無いでしょう。

悪症状が出たらどうするの?

下痢や発熱などの悪症状が出た場合は、とりあえずは一旦使用を中断してみましょう。

 

すぐに症状が改善されれば問題無いですし、その後何度か使ってみて、症状が出ないようであれば酵素や乳酸菌に身体が慣れてきた証拠になります。

 

しかし、この悪症状が1週間2週間と長く続く場合は、もっとすっきり生酵素が身体に合っていない可能性があるため、必ずお医者さんに相談するようにして下さい。

妊娠中や授乳中でも飲めるの?

もっとすっきり生酵素に含まれている成分は、妊娠中や授乳中のお母さんの栄養補給に持ってこいの成分なので、むしろ積極的に飲んでいただきたいところです。

 

酵素や乳酸菌でお母さんの腸内環境が整うと、赤ちゃんにもへその緒や母乳を伝わってビヒィズス菌の量が増え、お母さんだけでなく赤ちゃんの健康増進にも役立ちます。

妊娠中や授乳中の人が飲む時の注意点

基本的にもっとすっきり生酵素を妊娠中や授乳中に飲んでも問題ありませんが、ダイエットはオススメしません。

 

妊娠中のダイエットは赤ちゃんの成長を阻害し、授乳中には母乳の出を悪くしてしまう可能性があるため、ダイエットは授乳が終わってから始めるのがベストです。

 

もちろん、この辺りはお医者さんとの相談によって変わってきますので、不安な方はとりあえず掛かり付けの病院で相談をしてみると良いでしょう。

 

もっとスッキリ生酵素の口コミはこちら>>

 

初回630円で試せました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*